【仕事術】アナログイラストレーターの私がタブレットを導入した理由

イラストレーターの仕事術

みなさんこんにちは
イラストレーターMARUです

今回は
アナログ派だった私がタブレットを導入した理由
についてです

この記事では
イラストレーターのお仕事ノウハウ
をご紹介しているので参考にしてみねて

タブレットを導入した理由

今現在、水彩やマーカーなどの
 画材を使ってイラストを描いている
・イラストレーターを目指している

そんなアナログイラストレーター志望の方!
今のうちに
タブレットは絶対に導入した方がいいよ

結論から言うと

アナログイラストレータも
タブレットを導入した方がいい理由は
①作業効率UPのため
②クライアントの細かな要望に応えるため

 



①作業効率UPのため

理由を話す前に
イラスト納品の手順をおさらいしておこう

1.依頼がくる
2.打ち合わせ
3.ラフスケッチ(線画・ラフカラー)
4.修正
5.着彩→納品

・私は絶対にアナログがいいんですけど、、
・デジタルでイラストは描かないけど、、

と言う方、安心してください

納品するイラストは
アナログで描いたもので全然OKなのよ

私がおすすめしているのは
ラフスケッチはデジタル制作がおすすめだよ!

と言うこと



私の失敗談

イラストレーターを始めたてのころは
下書きからすべてアナログで描いて
スキャナーでパソコンに読み取って
データ化してなど、、
とんでもなく時間かけてやってたの

修正がきたら消しゴムで
消してまたデータ化して、、の繰り返し

ラフスケッチって
クライアントの要望とのすり合わせだから
修正はきて当たり前なんだよね

時間のロス&作業効率悪くて
ラフの時点で力尽きる
みたいな感じだったのね笑

 



②クライアントの細かな要望に応えるため

みんさんラフスケッチって
モノクロの線画だけと思っていないかな?

モノクロの線画だけだと
オーダーしてくれた人は
どんなカラーで仕上がるのかな?って
想像できないんだよね

なので私はラフスケッチと一緒に
ラフカラーも提出しています

アナログでラフスケッチの上から
色鉛筆やマーカーなどで塗っちゃうと
カラーの変更依頼が来たら修正できないの

デジタル制作だとラフスケッチ(線画)
の下に着彩できるのでとっても簡単!

デジタル制作のメリット
・修正が簡単
・レイヤーを分けられるのでカラーも自由自在に変更できる

これならクライアントからの
要望に素早く答えられるよね!

タブレットはなくても昔の私みたいに
一応仕事はできるけど

それだと非効率すぎるから
デジタルを導入して仕事ができる
イラストレーターになりましょう!

MARU

136,800 views

1996年生まれ。女子美術大学卒業。アンティークなイラストを得意とし、女性のライフスタイルを中心に、雑誌ゼクシィ・JJ・non-no・with、WEBではF...

プロフィール

関連記事一覧